あゆみ

昭和14年生まれ(1939)

随分長く生きてきました

現在(2013)

ヒマに任せてあれから今まで
あったこと、思ったこと
そんなことを書いてみようかと。

大体独りよがりですから〜
読みたい方だけ、お読みください。

これから先、いつアップになるか
保証の限りではありません。




(2017まで来ました 77歳)



(3.18、78歳になりました)



2017.5.23

あらら〜あっという間に5月になっていました

どういうわけか、ここへ来なかったのですね(´ヘ`;) う〜ん・・・

何やらいろいろあって
心の落ち着きが出てきたというのか

水泳も、少しずつ上達できているし〜

7月に旅行の予定
準備はすでに始った

旅の前の時間を楽しみながら、体を鍛えておきたい。





今日の庭



今年初めてのルリマツリ



2017.2.13


2017になって、孫娘が茨城の大学へ進学が決まった

2月に入って長女が里帰り



私は、健康管理でプールで水泳
平泳ぎや背泳ぎを習いながら

週に二回
火曜日・土曜日に
クロール1500m×1を泳いでいる
(スロー水泳)

足をあまり動かさずに
歩く早さで泳ぐ


この泳ぎが済んだ後の満足感は
素晴らしい。








これは、昔から時々購入している野呂さん作品の毛糸
高級品だが自分用に奮発してみました。


数年前に、右側の手根管症候群の手術を受けて
とってもこんなことができる状態ではなかった


草取りをしたり、時々編み物などで
手は、随分回復してきた。


手先の刺激は脳に良いとのこと。



他の身体的な老化はもう致し方はないが
自分で出来る対策はやらなければならないと思う


私は、忘れてはならない
ペースメーカーを入れ

夜はCPAPを使って寝ている





激しい不整脈の後
アブレーションを受け

それを受けたころには
私は少しぼんやりしていた

いろんなことの記憶が乏しいところがある。





当時よりも今ははるかに
頭脳の方は鮮明である


とはいえ、いろんな動作
計算などは、昔の比較にならない



このHPは、私の脳が許す限り続けるつもりである。

そういえば、数日前にiPhone7にした
これから上手く使えるように練習をする。





2016.11.10




寒くなって、急に寒くなって
亀千代が体調を崩しました

いろいろ考えてかかわっているのですけどね

沈思黙考の末
ハロゲンランプを購入しました

明日から、使ってみましょう
効果があればよいですが。





このごろは、水泳の体得を急いでいる・・・
塩素に弱くて
副鼻腔炎を起こして

経過が悪く
治療中ですけど

夜の睡眠に影響しています。


今日のスイムはクロール1500m

これは、私の新記録
何となくこの距離になって
我ながら、Σ(・□・;)驚き


目標は2000m
【1時間泳げば2000mになる】

それまで頑張りたい。





 
2016.9.2




9月になりました。

足はやっとギプスがとれて、少し楽になりましたが
寛解程度ですから〜油断できません。

二週間後にX線でどうなっているかで
状態がわかる。


ここは忘備録のようになっていますから
【骨折寛解】
書いて置きます


ついでに骨粗しょう症の検査をしていただいて
薬を飲むことになりました。

月に一度、内服する・・・


昨日、それを忘れて
今日から、始まりました。ε=(・o・*) フゥ






上の写真は亀甲竜
今年二回目の発芽です


足元に土を入れて安定させたけど
このまま育つのかしら〜







先日の大きな連続台風で北海道など大きな被害続出

気の毒で何も言えないです。

明後日には、九州にも台風が来ています。
どうか穏やかに〜〜〜


おねがいします。



2016.5.25




地震がある度に(震度3以上)私のスマホに
知らせが入ってきます

今日は、今のところ、知らせがありません
これはとても嬉しいことです

まだ現地では
もう少し小さな揺れがあるかもしれませんが
それでも、軽くなって良かったです。



今回の地震は亀千代への影響もとても大きいものでした
まず、最初は9日間、絶飲絶食
(とても心配しました)

あれからひと月を越えて
やっと・・・元気が見えてきました

まだ、元に戻っていません。



4月の下旬には、私も左足第4指を骨折
プールの脱衣室の椅子の足に

バランスを崩して足をぶっつけました。


ほぼ一か月ですが
未だに、小さなギプスを当てています。




お蔭でプールはお休みをしているし
体重が増えるし〜

困っているところなり。



本当は、旅行を計画しているのに〜
これが一番

応える

来年はまた一つ年をとる
来年の健康が保証されてるかどうか


今なら〜まだいけるのに〜




 2016.4.14




熊本で大きな地震がありました
怖かったですねェ〜



 2016,3,31




今日は年度末

夫の体調は、かなり回復してきて
食欲は旺盛、会社へ出勤しています。

また、一年の契約が出来たとか・・・
この年になって来ると

何もかも複雑は心境

想定外に生きているから〜ネ



水泳は、クロールは大体泳げるようになりました。
今日はクロール600mを含めて

平泳ぎ・背泳ぎ


タシテタシテ、1000m


年末までに平泳ぎを200m
楽に泳げるようになることを自分と約束しています。






先日、山の家の車庫も完成
雑草が生えるスペースも小さくした。


 2016.2.01

2016も、あっという間に、一か月を過ぎました。

この一月は、緊張の連続でした。
夫が、腸の大手術をして

復職したのです。

状態としては〜
まだ、完全とはいえません


高齢ではありますが
Drも意外とはっきりしたお返事がありません

当然、自己責任であることは、充分承知しています。

でも、本人は、焦るのです



・・・・


でも、何とか一月が過ぎました
お腹の具合も少し落ち着いてきたようです。


高齢、これから何があるかわかりませんね



お腹の中は綺麗にふさがらず
注意を怠れない、ヘルニア予備軍です。



これゆえに
「これは治らない」と言われて

少し気分も落ちてきました。
観察が続きます・・・。





2016,1,14

数日前から報じられていた大寒気団
とうとうやってきました。

雪は怖いので、今日は一歩も外へ出ていません。




元気者の夫も、夏に起こした消化器の病以来、私の意見を少し(笑)聴くようになって、おとなしくしています。

こんな時には、外出は避けたほうが賢明ですよね
明日も、私は動きませんが・・・出勤、難しいですね。


2015.12.04

あと少しで新しい年がやってきます。

少し早いけど
今年を放り返ってみようか?

6月には、二人で東北旅行にツアーで参加しました

東北の記憶は
五能線・千畳敷・震災後の工事の様子を(列車の中から)

歴史にあまり興味を持たない無学な私にも
ガイドさんの説明には、耳を傾け

少し魅力がありましたね
(歴史を勉強してみようか〜)




でも、喉元を過ぎれば、その気は皆無に・・・
イヤ、それよりも大きな目的を私は持っているのです。


続きます

 





2015.10.08

思いがけないことでした

それは、プールの中ではじまりました
プールの水の中を歩いている時に

下腹部に何かが刺さったような刺激が奔りました
そのことはすぐに終わりましたので
何気なく泳ぎをやめて上がってきました・・・が

その二時間後くらいから
激しい膀胱症状

私は激しい膀胱炎を起こしたことはありません・・・

もう時間も遅い、手持ちの漢方薬で時間を過ごし
翌々日、ホームドクターを、訪ね

膀胱炎に対する抗菌剤をもらってきました





何と、その薬が全く効きません
???この時初めて(これは膀胱炎ではない)
と、知りました。





最初の症状から一週間経過して
ホームドクターの勧めもあって

連携の泌尿科受診をしました
とうとう、尿閉が来たのです
(驚ろきましたねぇ〜)

長時間かかって、診察・検査の結果
膀胱内に1,9×0,9の石があるのです

ε=(・o・*) フゥ
「今度は結石かい」

そんな気持ちです




今度造影を使って、CTを取ってから
治療法が決まるようですが
今度また、いつ尿道口を占拠されるか
気が気ではありません

長く生きていると、
いろんなことがありますね

これから、自分がどうなっていくのか
心配が〜また増えました。


かたや殿は、来月の受診日に検査があって、それで結果が良ければ腸をつなぐ手術があるようです。

早く、ストーマがとれるといいです。


2015.10.01

今日から殿は出勤しました。
まだ、どうなるかわからないので、ただ黙って何となく観察・心配しています。

考えることが、全く違うので、なぜ無理をしていくのか???ワカリマセン。

まぁ〜これが体を支えているのかもしれないので、成り行きに任せています。




2015.09.10



2015.07.26に夫はお腹の手術をしました
敗血症ショックで呼吸停止が来るほど重症です

素人とは、こういう時は・・・
危機感が乏しい〜〜〜






退院が見えて来ました
退院後の生活が心配です


退院して10月から社会復帰
お仕事に行くそうな

これを上手くクリヤー出来たら、大いに誉めて差し上げましょう
協力もしてあげましょう

でも、お食事つくりは、もう止したいです




私は、これまでのこと・・・
皆、心の隅に小さく据えて

限りなく優しい気持ちを装う
このあたりの腹芸は心得ているが

消化器の病気
これからの食事は昔と全く反対のもの
量は半分です(苦情が多いこと間違いなし)


これから〜宅配を取ればよい
「美味しくない」と殿は言う

私が作っても美味しいとは言わない・・・ねぇ〜


私はあなたの栄養をプロに任せるよ
あれだけの数の材料を使って

バラエティに富んでいて良いのではないかと思うのです
治療食と思えばいいよ

それでなければ、仕事になんか行かないで自分で作ること


私は、御弁当はいらないわ
自分が選んだものを食する

これでも栄養学は習っているのだから〜






たった一言
心からと思える態度で「美味しいよ」
といえば作ってもらえるのに




言わせていただきますが
子育ての間は、一度も同じものを出したことはないですよ
毎日、病院のメニューを見て作っていたのだから。


言っちゃった!





inserted by FC2 system