初めての水泳
2003へ


2002.10.24

 今月の初めに、水泳のこれまでを振り返って、いまのままでは、(周りの人の進み方をみても)目標到達にはほど遠いことを感じました。

 二年で、まだこのクラスにいます〜?と、ニコニコ笑って話してありますが、冗談ではありません、私はそんなテンポにあわせるわけにはいかないのです〜〜〜。

 ということで、スイミングスクールに通うことになりました、気分は急いています、説明を受けた翌日には一日体験をし、次の日からは、自分でコースを選んで参加することにしました。

 その気になれば、午後に毎日、初心者が参加するコースがあります。出来るだけ多く参加して、きちんと浮くようになりたいと思って、少なくとも週に三回は行くことにしました。

 このプールは、11時から開きますが、大体私は12時からの超初心者コース(30分)と、13時からの初心者クロールコース(45分)などに入ります、12時のコースで浮き身などの基礎を習い、13時からのコースでクロールの基礎を習います、上手く説明できませんが・・・コースを限っているだけに、やはり指導が細やかです、今日は自分の身体が、ほんの少しだけ軽く感じましたし、微々たる進歩ですが、僅かな手ごたえを感じました。

2002.9.03

 3クール目の始まりです週に一度の練習ですが・・・今回はどこまでいけるでしょうか?

2002.6.25

 クロールで25m泳げました。
今日で2クール目が終わりました、正確には水泳をはじめて約半年(1/w)になります。泳ぎはもちろん水の中での呼吸すら、まったく知らなかった私が泳げるようになったのです。まだ必死で25mですが、泳げるようになっただけで大変なる進歩です。

 といいましても、インストラクターの導きがなければ、まだ駄目なのです。
当日は、出席をとった後、プールを25m歩き、反対側で水の中の体操をして体を温めます。その後ビート板を使って、背泳、クロールと進み、最後にビート板を持たずにクロールで泳ぎます。

 要するに少しずつ体を慣らしていって最後にやっと25mと言うのが現状です。

 次回は9月からです。年内に泳げるようになる(目標1k)目標到達はちょっと無理かもしれませんが、後は努力あるのみです。まあ!何はともあれ、泳げるようになったことは大変なる進歩です。

2002.4.3

 2クール目が始まりました メンバーは殆ど変わりません、なかなかうまくいきません。(悲しい!)

2002.3.13

あす3月14日ではじめての水泳コースが1クール終わります。週に一度の練習でしたが、背泳ぎまでできるようになりました。確実に水に浮くということを確認し、ひとつ〜納得しながら進んでいますので、なかなか思うように上達しませんが、あとは呼吸法をマスターすれば、クロールもできますし、それができるようになると個人での練習も楽しくなるのではないかと思っています。目標1KM無理ではないと思えるようになりました。

2001.12.18

ずっと以前より、胸にひめていた水泳をやっと始めました。
60歳を過ぎて泳ぎを始めてから、毎日1km泳ぐとか、先日は88歳の方が、ある大会のその年代の部の新記録を出されたとか、水泳も、今まさに年寄りも頑張る時代です。

私の場合、新記録など望むべくもありませんが、「泳げたら?、いいなあ!」程度の気持ちから、「よし1km泳ぎを目標にしよう」とそれくらいの目的をもって、泳ぐことにしました「初めての水泳」教室参加です。

20名くらいのメンバーで(そのうち新人が3名くらいです)
継続してこのクラスにいらっしゃる方は、前回のコースの3ヶ月間でやっと顔をつけて前にいくようのなったなど、テンポとしてややスローを自覚してこのクラスに再度挑戦のようです。

水の中で簡単な注意があり、水の中での準備運動の後、水の中への顔つけ、水の中でブクブクと息を吐く呼吸法を教わり、継続者が多いため、その中でのクラス分けがありました。勿論私は超初心者です、ヘタッピーなグループの一人です。

泳ぎの練習が始まりました。プールの端に立ち、手を伸ばして先のほうで軽く組み、頭から入りお尻が浮いたところでプールの端を思いっきり足で蹴りそのまま、前へ進む、これは基本だそうですが、たったこれだけが、はじめての私には大変なのです。始めは5mくらいのところで手を下の方から後ろへ掻き、足を前に屈伸させて立たち、その後で頭を上げる。この一連の動作が、今日の練習でしたが。

私は最初はグ〜じゃなく、全く初めてですから、説明は分っていても、その通りに体がついて行きません、プールの橋を思い切り蹴ったまではまあよかったのですが、後はゴーグルをかけているのに、目を閉じたままで前が見えない、立ち上がるまで息を止めています。ブクブクしていますか〜?といわれて、ハッっと気が付く有様です。

交代で何度か、同じ動作をやりその後に、ほんの少しプールの端をもって脚バタバタの練習があり、予定の一時間がきて今日はこれでおわりです。

一応解散の後、自由行動ですが、私は1km泳ぎが目標ですから、こんなことではいけません、さあ復習とばかりに、25mプールを往復4回、潜っては立ち潜ってはたちを繰り返し練習しました。この復習で目をあけることが出来、そして長くブクブクと息を吐きながらゆっくり進むことが出来るようになりました。何度もやっていると何か感じ取るものです、今日はこれでOK。

後は足の動きをマスターすれば、もうすこし早く前に進むようになります。

今日の教習の成果は沢山あります、水の中でブクブクの呼吸法、それから、脚バタバタは上からたたきつけるのではなく、脚をふとももから真っ直ぐに伸ばして上にあげるつもりで動かす(大きな成果です)ということです。

今日は耳に水が入ったままで取れなくて困りました。友人が昨年泳ぎを始めて、中耳炎がすぐに起きるので、もう泳げないと言いますから、正直いって私も大変心配していました。

あさ3時ごろ目ざめて、右の耳にそ〜っと指を当てて見ましたら、ジワ〜っと水が出てきました。 ラッキー やっとこれを書く気になりました。

60の手習いと言いますが、私の水泳は定年になってから二つ目の手習いです。健康のため、そして青春を維持して行くために、出来るだけ続けて行こうと思っています。

      

 

inserted by FC2 system